熊連協の44年にも亘る歴史の中で、先輩たちが育んだ奉仕の心が脈々と受け継がれ、今日に至っています。


33期64番関根さんが投稿依頼に応えてくれました

公民館主事になって        (☝)印の画像はクリックすると拡大します。

                                    関根君江
 公民館の主事をさせてもらって今年で10年になります。たくさんの方と関わることが出来て楽しく過ごしています。
自分でも、ソフトエアロビクス・骨盤エクササイズ・リズム体操・太極拳・パソコンクラブ・俳句と活動しています。 週2回の運動と頭の体操をと参加しています。その中で感じたり、気がついたこと、皆さんの声を公民館運営に反映できることはいいと思っています。
 主事としては年間行事計画作成や、研修旅行・文化祭・講座の準備などに関わっています。コロナ禍で、去年・今年と文化祭も研修旅行も出来ず残念です。
それでも公民館では、出来る範囲で講座を開き、公民館に楽しく来てもらえるように工夫しています。
 私個人としては大好きな針仕事を生かして、着物のリフォーム講座、つるし飾り作り講座、干支飾り講座等を企画しています。 多くの方が着なくなった着物をなんとかしたいと思っていて洋服になって着られることを喜んでくれます。 これからの予定はなかなか立たないですが、早くコロナが収束してもっとたくさんの講座や行事が出来るよう、もっと近くで肩寄せ合って活動できるよう願っています。


(つるし飾り ☝)              (カシュクールのワンピース  ☝)


(つるし飾りさる  ☝)

TOPページへ

MENU