熊連協の44年にも亘る歴史の中で、先輩たちが育んだ奉仕の心が脈々と受け継がれ、今日に至っています。


43期社会見学

航空自衛隊熊谷基地見学

令和2年2月14日、43期のメンバーで航空自衛隊熊谷基地を見学しました。

(クリックで拡大)
インフルエンザ、風邪などで最終の出席者が12名となりましたが、43期は18名しかいないので、2/3の出席率です。
熊谷基地には桜まつりなどでしか入ったことはなかったのですが、広報担当者から基地の概要や役割について大変丁寧な説明を受けました。また、御稜威ケ原(みいずがはら)という地名が、昭和13年の昭和天皇の行幸に由来しているとのことに一同ビックリでした。
普段なかなか見ることのできない広い基地内の見学にはバスを用意していただき、隊員が一生懸命授業を受けているのを目のあたりにしました。




さらに本物のジェット機の前で記念写真を撮ることができました。


そして、お楽しみの昼には食堂で隊員と同じ昼食です。当日のメニューはクリームシチューで、しっかり煮込んでいておいしい味付けでした。さらに当日はバレンタインということでケーキ付きの豪華版でした(それでも1食393円)。


見学者一同有意義な1日を過ごすことができました。

                           43期 遠藤昭雄

TOPページへ


MENU