現在、彩の国いきがい大学熊谷学園専攻課程1期校友会は52名の会員が活動しています



 (歌詞を見ながら大合唱)

ハーモニカクラブ

満暖かな秋日和 田園に囲まれた介護複合施設「くまここ」を訪問!!

! いきがい大学校友会専攻科1期・ハーモニカクラブ「トドラーズ」
紅葉の便りも届く10月26日(金)の午後、恒例といえるほどの4回目の「くまここ」演奏会を実施することができました。施設の皆さんそして利用者の皆さんのご協力に感謝を申し上げます。
よちよち歩きの「トドラーズ」、(仲間)、(感謝)、(技術)、(健康)、この4つのキーワードを大切にしながら、「いずれ大きく社会貢献」の志をスローガンに、結成3年半が過ぎ、やや成長はしたとは思いながらも、やはり演奏スタート前の緊張は何とも言えません。

 (演奏前の緊張の揃い踏みです)

会場には溢れんばかりの皆さんに参加いただき、歌詞付きの演奏で30名を超える大合唱団の編成ができました。
秋にちなんだ童謡唱歌を4曲、演歌を3曲、得意とする「コンドルは飛んで行く」ほか3曲など、頑張って練習をしてきた曲を演奏し、歌とハーモニカのコラボで盛り上がりました。
また、「トドラーズ」の特徴ともいえるウクレレ、オカリナ、頭の体操を中間に組み立てたアレンジコーナーを披露し、参加者の皆さんとのコミュニケーションをより深めることができました。

(ウクレレ演奏)                   (学生服姿)


 (オカリナ演奏)                  (先生独奏)
※写真をクリックすると拡大します。

いつの間にか、一時間があっという間に過ぎました。ラストソングは心に沁みる「ふるさと」で幕を閉じることにしました。
どこからとなく「もう終わりなの!?」との声が聞こえてきました。そして、また、「バージョンアップをしてまた来てね。
励ましとも取れる声を耳にして、うれしさとやりがいを感じた演奏会でした。演奏終了後、別れを惜しむ声掛けと握手で再会を約束し、その手のぬくもりを感じながら、施設を離れることとしました。