現在、彩の国いきがい大学熊谷学園2年制4期校友会は51名の会員が活動しています


このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

クラブ活動  ふるさと大発見クラブ

 
熊谷堤を歩き万平公園で平成最後のお花見をしました。

平成31年4月1日(月)「ふるさと大発見クラブ」の男性4名、女性5名が 熊谷駅南口に11時集合。 1週間前に開花宣言が出たのですが、まだ5分咲きでした。
土手下にはギッシリと出店が並んで、月曜日の割りに人出は多く感じられました。荒川大橋そばの川守地蔵、水難で亡くなった子達を偲びました。
 
(土手下の出店)                (川守地蔵)

川側の桜は1部咲き、土手を降りて東へ歩くうちに民家の庭に良く咲いたミツバツツジ?を発見。
 
(1部咲きの桜)                (民家のミツバツツジ?)

満開の菜の花を見ながら満開の木を探し、記念写真。

(満開の木の前で)

約10分歩いて、万平公園へ。瀬換え前の熊谷堤へ登り、昼食休み。
 
(旧熊谷堤碑)                 (旧熊谷堤上で昼食)

50年前にあった蚕糸試験場の名残の蚕霊塔。

(蚕霊塔前で)


(幼児の汽車を乗っ取り)

 
(枝垂れ桜は満開でした)            (喫茶)

公園そばの喫茶店で近況報告と次の活動候補地を話し合いました。

満開には少し早かったお花見でしたが、お天気にも恵まれ、平成最後の桜を楽しみました。

                                  尾畑(記)、鹿沼(写真)

   

menu