現在、彩の国いきがい大学熊谷学園1年制37期校友会は74名の会員が活動しています


このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

7班活動

『甲州白桃狩りツアー』

日 程:7月31日(水)、
行 先:読売旅行バスツアー:勝沼ハーブ園⇒昼食⇒モンデ酒造⇒笛吹市工場見学⇒桃狩り
大型バス参加者数:総員45名 7班の仲間は各々の各駅前から乗車し6名の参加して一日を楽しく過ごしてきました。
バス乗車ルート:本庄駅南口(1名)7:00乗車⇒深谷駅北口(1名)7:25乗車⇒籠原駅北口(2名)7:40乗車⇒熊谷駅北口(2名)8:00乗車で定刻通りに乗車いたしました。
途中休憩所 狭山PKで

(狭山PKで休憩)

 先ず向かったのは 勝沼でハーブ園を見学。見学前は、ハーブ園に興味ある人は一人のみだったが、案内人のユーモア溢れる説明に引き込まれていった。ブルーベリーは、一般に市販されている種よりも、野生の1mm位の果粒のものが目に効果があるという。

(ハーブ園)


(案内人の話を聞くツアー仲間) (眼鏡を把持してなる度々) (今買わないと損ですよ・・)


(集合写真)

 昼食は、倉庫を改造したような大きなレストランで山菜せいろ御膳で、ほうとうが美味しかった。

(昼食に)


(山菜せいろ御前)      (ボリューム満点)     (笑顔が満載、残すともったいないね)

 次に向かったのは モンデ酒造です、種々のワイン等を試飲。各人が好みの味を求めてあちこち試飲したのでバラバラになってしまいましたが、時間内に集合しました。

(モンデ酒造工場見学)


(熟成用の樽)                (おいしそうなモンデ商品紹介)


(庭にある重さ22トンのブラジル産ローズクォルツ前で記念撮影)

 桃の集会場に集合してバスにて桃園に、約1時間の白桃狩り。桃の甘みは,陽に曝された木の上側の(摘み難い)桃が強くなると言うので、摘み取られ冷やされた桃を食べ始める。

(桃園に到着 別腹だよね・・)


(甘・・・・)


(どこに入るや、本当にうまい・・)


(まだまだいけます)


(最高なポーズ)


(御馳走様でした、最高でした)

 色が良く硬めの桃より、熟れ過ぎて買うのを控える位の桃の甘みが強いことが分かると更に食べ続け,その甘さに皆大満足。気温は29℃で、雨上がりで湿度が高く、大汗をかきながらの桃狩りでした。
 お土産に、4個/箱のほどよく熟れた2箱を頂き 素晴らしお土産になりました。

                                  記  7班  長島 敏子

menu